FC2ブログ

ガハハ 酒は原価が一番か

狩撫麻礼作品について一日一言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狩撫さんの形見

狩撫麻礼のファンたる小生にとって、狩撫さんはどんな人なのだろう、という強い関心はあった。
しかし、狩撫さんを知るために狩撫さんに実際に会う、という行為に強い抵抗がずっとあった、というのは以前のこのブログで書いたとおりだ。
しかし、狩撫さんに直接会わなくても、狩撫さんが愛した「事物」から、狩撫さんが積みかさねてきた体験を想像することはできる。

狩撫麻礼追悼ナイトの開演直後、司会のビーム岩井編集長から「おみやげ」について解説があった。
ひとつは、狩撫さんの未発表の詩を手拭いにプリントしたもの。狩撫さんの仕事場にはBob Marley "Redemption Song" の歌詞のプリントをおさめた額が飾られていたそうだが、この中に人知れず埋まっていたのがこの詩だという。
あの太いペンでカチッカチッと書かれた狩撫さんの筆跡とはかけ離れた、力の抜けた筆づかい。狩撫さんは病んだ晩年に、もうあの硬質な筆跡で書き刻む力を失っていたのかもしれない。
結句の「さよなら、また会いましょう」とは、狩撫さんの最晩年の作品「サウダージ」に出てくる台詞だ。ひょっとしてこの詩は、狩撫さんなりの“辞世の句”だったのかもしれない。輪廻転生がありうるならば、あなたと、今一度。ああ、それは私たちファンも同じ思いなんだよ、狩撫さん。

追悼ナイトのもうひとつの「おみやげ」は、狩撫さんの仕事場に置かれていた蔵書・レコードの「形見分け」だった。
本当に狩撫さんは幅広く本を読み、ディープに音楽を聴きこまれていたのだなあ、と偲ばれるラインナップだった。
一介のファンごときがこのような遺品をいただいていいのか、という抵抗もあったのだが、この形見分けは狩撫さんの奥様のご配慮であったという。関川夏央×谷口ジロー「事件屋稼業」に似たようなエピソードがあったのを連想した。奥様、本当にありがとうございました。

小生がいただいた形見分けは、狩撫麻礼追悼ナイトの終演後、来場者の皆さんに形見分けされたあとの最後に残ったLPレコード、蔵書だった。
狩撫さんの蔵書には、有名な古書チェーンの「百円」の店頭値札が貼られたままだった。私たち狩撫ファンの多くは、狩撫さんの単行本を主に古書店で探すのが習性となっている(それは今の出版業界の苦しい事情=増刷がかからず絶版が早い、というやつゆえだ)のだが、なんだ狩撫さん自身もファンと同じように古書店で本を探しておられたのだ。足マメな人だったのかもしれない、と想像した。

「狩撫麻礼追悼ナイト」で形見分けされたアナログレコードは、先立つことひと月の業界関係者むけ「狩撫麻礼さんを偲ぶ会」では出されていなかったという。そしてこれらのアナログレコードは、狩撫さんが原作者としてプロデビューする前後に経営しておられたロック喫茶「ドレッズ」で使われていたものも混じっていたとのこと。ありがたいことに、ファンだけが狩撫さんの古き時代のココロを共有できる形となった。ビーム岩井編集長の粋でありがたい心遣いに感謝。

狩撫さんの愛した音楽

小生がいただいたアナログレコード8枚はすべて、鹿児島の山奥でおなじく狩撫さんのココロを長年共有してきたミュージシャンである旧友に託した。もはやアナログレコードを再生するすらことも難しい現今ながら、レコードジャケットあるいは音楽や歌詞を通じて、狩撫さんのココロが、新たな次の世代へと伝わっていくことを願っている。


「堅苦しい戒律(タブー)だらけの
 ≪思想≫も≪信仰≫も
 持ち合わせてねえが

 魂(たましい)は伝達可能だ
 …それだけは信じてる」
(迷走王ボーダー)

スポンサーサイト
  1. 2018/08/21(火) 22:07:51|
  2. 狩撫麻礼追悼ナイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 「時の時」に至るまで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://caribumarley.blog116.fc2.com/tb.php/37-262dacf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KBT

Author:KBT
狩撫麻礼個人的ファンサイト
月の宴」連動

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。