FC2ブログ

ガハハ 酒は原価が一番か

狩撫麻礼作品について一日一言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もうひとつの追悼

狩撫麻礼ファンサイト「ツキノウタゲ」を開設して一年もたたぬころに、サイトあてにいただいたメッセージを以下抜粋紹介する。

2008年5月3日 21:11

> 『ツキノウタゲ』管理人様

>  この度、貴サイトを見つけて拝見させていただきました。
>  実は「らくえんのうた」を運営していたトオル氏は私の学生時代からの友人であり、2006年の8月に病気で亡くなっています。35か36歳でのことでした。
>  当時闘病中の彼を見舞いに行った際、二人っきりで私や他の友人のサイトについて話をしていた時に、本人から同サイトについて聞かされました。彼は知人にもほとんど同サイトのことは話していなかったようですが、私には「狩撫麻礼のリサーチに関しては日本一のサイト」と自慢していました。
>  この度、貴方にて文字通り彼の遺産を継いでサイトを運営していただいていることを知り、メールさせていただきました。彼に代わって感謝いたしますとともに、今後とも活動を続けていただけますよう、彼に代わってお願い申し上げます。


トオル氏が、狩撫麻礼ファンサイト「らくえんのうた」を開設されたのが西暦2000年のこと。それをめざとく見つけた当時の小生、すぐにトオル殿にメールを送り、以降何度もやりとりをさせてもらった。そのトオル氏との最初のやりとりで衝撃だったのが「狩撫麻礼はまだ生きている」という事実だった。
それというのも実は、そこから遡って数年前、ちょうど狩撫麻礼名義の新作が世にでなくなったころに「狩撫麻礼は死んだ」という話をあるところから聞かされていたからだ。最近になってようやく、業界関係者の方の証言により狩撫氏自身が当時そのように吹聴していただけのことと知ったのだが、当時の小生が得た断片的な情報では、そういった事情を推し量るべくもなかった。
当時の小生、狩撫麻礼的世界にズブズブに嵌ったあげく東南アジア界隈を「フラフラ迷走」しているまっただ中だった。長い旅で疲れて気弱になっていたこともあったのだろう、トオル氏からの「狩撫麻礼なお存命」「別名義で精力的に作品を発表中」の報にものすごく勇気づけられたのだった。

その後小生は、10年近くにわたる迷走の旅を切り上げて日本に「社会復帰」したのだが、トオル氏との断続的なやりとりは続いていた。トオル氏と小生の居場所がかなり近いことがわかって、いちど一杯やりましょうよ的な話もさせてもらったことがある(それはとうとう果たせなかったが…)。

その後あるときを境に、トオル氏からのメールは届かなくなった。
そして「らくえんのうた」のウェブサイトの更新も止まってしまった。
トオル氏の身の上に何が起こっていたのか、当時の小生には想像もつかなかったのだが、当時トオル氏が「らくえんのうた」に使われていた"carib-marley.com"のインターネットドメインが失効しかけていると知ってちょっと焦った。このままでは、狩撫ファンの皆さんが足で稼いで蓄積された集合知が消えてしまう!この事実を知る者がなんとかしないと!との切羽詰まった思いで「らくえんのうた」のミラーサイトを開設させていただいた。2007年7月のことだ。
あわてて作った「ツキノウタゲ」の中の1ページで「トオルさんご一報ください」と呼びかけさせていただいたのだが。
それに寄せられた返事が、冒頭に紹介したトオル氏のご親友からの訃報だった。

時は流れて、狩撫麻礼が本当に死去されて初盆を迎える2018年8月10日深夜。
「狩撫麻礼追悼ナイト」のイベントの場において、臨席された編集者の方にお話を伺った。狩撫さんはインターネットとかには疎遠だったようだが、その編集者さんの紹介で「らくえんのうた」「ツキノウタゲ」のことをお知りになったらしい。
狩撫さんは「俺はファンに恵まれた」とのコメントをくださったそうだ。
その話を聞いて、不覚にも泣けてきた。なによりトオル氏のために、よかったなあ、と心底思った。

私たち狩撫麻礼ファンは、狩撫麻礼のココロに惹かれ、トオル殿が礎を築いた縁の上で生きています。
もうすぐトオル殿の十二周忌。あの世で先に狩撫さんと一献やっていてください。
小生は、トオル殿の遺したご縁を忘れず、まだ娑婆で「シブとく生き抜」いていきます。


スポンサーサイト
  1. 2018/08/14(火) 21:46:01|
  2. らくえんのうた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「時の時」に至るまで | ホーム | 父親>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://caribumarley.blog116.fc2.com/tb.php/35-546c4d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KBT

Author:KBT
狩撫麻礼個人的ファンサイト
月の宴」連動

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。