ガハハ 酒は原価が一番か

狩撫麻礼作品について一日一言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「大川端探偵社」第6巻、読了


最初のエピソードから
いきなり狩撫節のカウンターパンチ。
続々と猛ラッシュにあてられ続けて
読了したときにはダウン寸前。
ものすごく久しぶりだ、この感動、この高揚感。

熱にうかされて、通販書店サイトにウワゴトみたいなレビューを書いちまった…

「おい
 安易な解決は
 やめにして
 わからねえことは
 わからねえままに
 しとこうや」


うおう、ハード&ルーズ!

旧作の呪縛を断ち切りたいとおっしゃっておられた
狩撫麻礼どのには悪いけど、
少なくとも俺は、この古くさい狩撫節を心待ちにしていたよ。

オビの「全話読切快作!!」マジです。

スポンサーサイト
  1. 2016/02/05(金) 02:35:56|
  2. 狩撫節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ワルキューレ」読了

といっても発売日に買って電撃的に読みきったので
2ヶ月近くたったいまさら読了というのも何かヘンだが。

自分は非常に排他的なマンガ読みで
ほんとに狩撫氏原作の作品くらいしか読まないのである。
マンガも文学も絵ヅラや世間の評判には騙されない。
自分のココロに響く物語を持っている作者の作品でないと
とうてい受け入れがたいのだ。
少年ジャンプに生理的嫌悪感を感じてしまう、という
ものすごく保守的で排他的なマンガ読みなのである。

狩撫氏の作品を読むと
作品世界に既視感を感じてしまうことがときどきある。
ああこの作品世界から今受けている感触は…前に別の狩撫作品を読んだときに感じたことがあるぞ、と。
「ワルキューレ」を読んで感じたデジャブは、「殺気ゆえ」を読んだときの感触に酷似していた。

ココロをカツンとぶっ叩いてくる狩撫節の愉楽ももちろんアリなのだが
この読書中の既視感、そのココロの揺らぎの中で
あたかも脳内麻薬物質がぶしぶし湧いて出てくるような快感。
これって「アドレナリン・ジャンキー」じゃないか(笑)
異様な全能感」まではいかないけどね。

  1. 2015/05/21(木) 02:16:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木の芽時

ブログに何か書かねばと随分長いこと思いつつ
まったく手つかずのまま何年か経過。
週間連載している作家の持久力は凄いわ…と改めて思う。

狩撫氏にまつわる出版物も
近年は旧作の新装が殆どとなった。

コミックビームの岩井氏によると
昨年後半まで、狩撫氏は闘病生活を送っておられた
とのこと。
作品発表が途切れとぎれになってきているのは
おそらくそのせいだろう。

とにかくエネルギッシュな人と聞いている。
渾身の作品がまた発表されることに期待したい。

とにかく春で、新年度で、そして木の芽時。

賭けてみよう…

テーマ:狩撫麻礼 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/06(金) 04:41:09|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘

原作:よろず万策 画:あきやまひでき「しんどい系」
週刊漫画サンデー2010年2月2日号~4月6日号にて連載(完結)。


https://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=20831-0202-10
単行本になるかな…

あいかわらずまったりのんびり更新ですが、生きてます。情報収集の感度は低下気味ですが。

テーマ:狩撫麻礼 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/28(水) 15:07:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「湯けむりスナイパー」ドラマ続編…?

それを匂わせることが、監督の大根仁氏のブログに記されていた。

次作ではぜひ、君江ちゃんのご登場に期待したい。
しかしキャスト選びは意外と難しそうだ。

テーマ:狩撫麻礼 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/04(水) 02:30:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:KBT
狩撫麻礼個人的ファンサイト
月の宴」連動

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。